ログイン 会員登録


コインカード


2023年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2024年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
誠に勝手ながら、赤色の日は通常業務をお休みさせていただきます。WEB及びFAXでのご注文は24時間年中無休で受け付けております 。電話でのお問い合わせはお休みをいただく場合もございます。
 

トップ > 近代貨幣類 > > 未発行1銭陶貨 美品

未発行1銭陶貨 美品

★商品説明★
発行寸前で終戦、幻の陶貨
昭和12年、北京郊外の蘆溝橋で日中両軍の衝突があり、日中戦争が始まりました。その後、日本は大東亜戦争へと進んで行くことになりますが、戦時中の貨幣の材料としては産出量の多い銅、亜鉛、アルミなどが使用されました。しかし、戦況が悪化するにつれて、こうした金属も飛行機を始めとする軍事向けに転用されることになり、材料不足が深刻化していきました。
この為、貨幣の素材不足を解消する目的で製造されたのが、佐賀、京都、瀬戸の陶器会社に依頼して造らせた1銭、5銭、10銭陶貨でした。これらは昭和20年に試鋳されましたが、同年8月15日の終戦を迎え、遂に市中に出回ることはありませんでした。
未発行となった陶貨は厳重な管理のもとに廃棄されましたが、ごく一部が流出して現在も時折、市場に出てきます。
■直径:15弌
■品位:三間坂粘土60% 泉山石15%
赤目粘土15% その他10%
■量目:0.80g

※ご紹介する商品の写真は、弊社で確保、入荷した商品の平均的な商品画像で、実際にお届けする商品とは異なりますが、同等品程度のものをお届けいたします。
※撮影状況やカメラの状態により、実際の色合いとは多少異なります。
※写真でお見せしている実物を指定することはできませんので、あらかじめご了承ください。

価格 : 2,400円(税込)
数量    売り切れ
 

1万円以上は配送料無料



品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません




ページトップへ